日記「風韻」地形を楽しむこと

先日、親の用事で 同じ自治体内だけど、今まで行ったことのない場所を訪ねてみました。 今は便利な地図アプリがあって、道筋は簡単にわかりますが 思った以上に高低差があってびっくりです。 地名や通りの名前によると、昔はお城があったらしく 気が付いたら高速道路とほぼ同じ高さまで登ってましたね。 立派な山城だったのでしょう。 …
コメント:0

続きを読むread more

酒処ふっこ今日の夕飯

訳あって、久しぶりの自宅での夕飯です。 一月の小倉でのお仕事の時に買った いわしのぬか炊きをやっと開けました。 舞茸と小松菜の醤油麹炒めと 「ぬかど子」の人参ときゅうり、そしてらっきょう。 おやまあ、ぬかぬか大行進ですな←何だそれは笑 合わせるのは佐賀県の基峰鶴。 しっかりと味わい深いお酒です。 おいしいもの…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」季節は巡ること

御無沙汰しておりました。 色々ありましたが、そしてこれからも色々ありますが、私は元気です。 遅いと言われていた東京の桜も、次々と咲き始め 今日通りかかった石神井川沿いの桜並木は、とてもきれいでした。 冬には椿が咲いて 梅が咲いて ヒヤシンスも咲いて 春には桜が咲いて そうやって季節は巡って行くのですよね。…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」室内楽終了のこと

戴いていた室内楽の本番、無事に終わりました。 お馴染みの曲、大学生の時に弾いて以来の曲、実はお初の曲などなど。 モーツァルトとハイドンを中心に、ギュッと集中した二日間。 とても楽しんで演奏出来ました。 メンバーは、普段オーケストラではよく御一緒する皆さんなのですが 室内楽では初めてなので それぞれのお人柄を、より深く…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」誕生日のこと

昨年から家族の危機が続いていて、一向に良い知らせが聞けない状態なので ずっと神経が休まりません。 それでも、自分はまだ健康なのだし、仕事もやれている。 何の不足があろうかと、自らに言い聞かせている毎日です。 そんな中、私事ですが、本日誕生日でした。 一日中、戴いている室内楽のお仕事のリハーサルで 音楽家らしく、音…
コメント:2

続きを読むread more

日記「風韻」改めて三月を思うこと

弥生三月、もう七日過ぎましたねえ。 暖かったり寒かったり、まさしく三寒四温。 暑さ寒さも彼岸まで、ですねえ。 なぜ、こんなに惚けているかと申しますと 確定申告書作成作業が終わったからなのでございます。 しかしまあ、何処も同じではありますでしょうが 弦も弓の毛替えも、度を越した値上げっぷりですなあ。 消耗品ですか…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の三百五十三

プーランクのオペラ「カルメル会修道女の対話」に乗せて戴きました。 大学生の時に「人間の声」を弾いて以来のプーランク。 この作品はお初です。 知識としては知っていましたが「こういう」ものだったとは… いつもお馴染みのオペラでは、ヴィオラは刻みや伸ばしや後打ちで 物語の背景を作って行く役割ですが 今回の「カルメル会」は、…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」豆板醤今年も始めました

昨年、初めて挑戦した自家製豆板醤。 無欲の勝利でとてもおいしく出来たので、今年も仕込みました。 スーパーに鹿児島県産のそら豆が、100g 税抜 98円で並んでいたので 初物ってことで購入。 量も、昨年の倍にしました。 今やっておけば、半年後に夏の料理に使えますね。 この後、時間差で仕込んで行けば長く楽しめるし。 …
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」ヒアシンス咲きました

先月の十六日にスタートした、ヒアシンスの水耕栽培。 今月の十四日に花芽が色付き始めたと思ったら、あっと言う間に開花して 見事な色と香りになっております。 きれいだなあ、可愛いなあ。 帰宅すると豪華な香りに迎えられるって、いい気分ですねえ。 まあ、そこに、きんぴらごぼうの匂いやら 「ぬかど子」の匂いやらが混ざるのが、何…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の三百五十二

倉本聰さん原作、オペラ脚本を吉田雄生さん 音楽を渡辺俊幸さんが作曲された 新作オペラ「ニングル」に乗せて戴きました。 自然と共に生きること、豊さとは、環境問題、自分と向き合うこと。 たくさんの大切なテーマが詰まった作品です。 ひとつひとつの言葉と、それらを飾る音楽が胸に迫り ついうっかりすると、弾いている最中に涙が出そう…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」おみくじで大吉を引いたのこと

先日の「アドリアーナ・ルクヴルール」ですが 小倉公演でお参りした八坂神社のおみくじが凶だったので 呉公演の亀山神社ではどうなるか?が、重要なテーマでございました。 まあ、タイトルで言っちゃってるのですけど、大吉でしたよ。 振り幅ってやつぅ(笑) 高台にある眺めの良い神社で 澄んだ空気を体いっぱいに取り込めました。…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の三百五十一

チレアのオペラ「アドリアーナ・ルクヴルール」に乗せて戴きました。 わたくし、弾くのは三回目。 一回目と二回目の間隔が短く、二回目から三回目が何十年も空きましたが 体は覚えているもので、何の問題もありませんでした。 登場人物の一人、ミショネさん。 コメディ・フランセーズの舞台監督さんですが 私、このキャラクターが好きな…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」ヒアシンス始めました

ヒアシンスの水耕栽培、小学校でやりませんでした? 何年も前に、西村しのぶさんのエッセイマンガで ヒアシンスがテーマになっていて そう言えば子供の頃やったなあと思いつつ、そこからまた何年も過ぎ 昨年通りすがりの花屋で、水耕栽培キットを発見。 これだーッ!と購入しました。 寒いところでしばらく寝かせておけとのことで 栽…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」おみくじで凶を引いたのこと

立ち寄った街の神社には、訪れることにしているわたくし。 先日も、ホテルから歩いて行ける距離にある神社へお参りして来ました。 御朱印と「めのおまもり」を戴いて、いつものようにおみくじを引いて。 ホテルへ戻って開けてみたら、なんと、凶! 今までに引いたおみくじは、吉とか小吉とか末吉とかが多く 大吉なんて、三回くらいなのです…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の三百五十

チャイコフスキーのバレエ 「くるみ割り人形」に乗せて戴きました。 年末年始、連日の公演で、まるで楽屋が第二の自宅のようでしたね。 わたくしが「推し」ているダンサー、木下嘉人さん。 今回もねずみの王様、青年、騎兵隊長、ロシアで大活躍でした。 何年か前の「くるみ」で、ねずみ王が日替わりなのは知っていたのですが その中で、他の方…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」あけました2024年のこと

あけましておめでとうございます。 新しい年が、皆様にとって良き日々となりますよう 心よりお祈り申し上げます。 仕事始め、でしたが、バレエ 「くるみ割り人形」 第二幕のパ・ド・ドゥ男性ヴァリエーションの時に地震が起きました。 わたくしは弾きながら、ものすごいめまいを感じて いよいよメニエールが来たかと思っていたら実は地震。…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」2023年を振り返ること

2023年、本日仕事納めでした。 一年間無事に演奏出来たことに、ひたすら感謝する次第でございます。 今年は、やりたかったことに存分に挑戦出来た年でした。 グッズのネットショップを開いて 発酵食品ソムリエと介護食コーディネーターの資格を取って 動画チャンネルを開いて LINEのスタンプを作って 塩麹に醤油麹に豆板醤を作っ…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」黒服計画のこと其の三

ありがたいことに、年末年始はお仕事を頂戴しておりまして 皆様の幸せな時間のために、心をこめて働く所存にございます。 なので今年の七月以来の、黒服着用計画を立てました。 季節柄、トップスはハイネックで揃えておりますよ。 お天気次第で、多少の変更はあるかもしれませんね。 答え合わせは現場で! ランキングに参加…
コメント:0

続きを読むread more

日記「風韻」ある日のお仕事現場のこと

2023年、残すところ数日ですね。 皆様、クリスマスはいかがお過ごしでしたか。 わたくし自身はクリスマスどころではありませんでしたが 二日続けてクリスマスコンサートのお仕事を戴いておりまして 華やかな気分を味わえました。 さてそんなお仕事現場。 発端は何年か前、お仕事仲間ヴィオラ女子の持つ 「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラク…
コメント:0

続きを読むread more

ある日のヴィオラチーム其の三百四十九

中学生高校生向けの、音楽鑑賞教室に乗せて戴きました。 大人数の生徒さんにホールへ来て戴けるようになって良かったです。 今回は指揮者体験コーナーがあり 中学生と高校生お一人ずつが振ったのですが それぞれ大いに盛り上がりました。 そして終演後、ホール外を歩いて最寄り駅に向かっておりましたら 迎えにいらした保護者の方に「め…
コメント:0

続きを読むread more